セッショニストとしてありのままに生きる

04.252015

ありのままの自分と手をつなぐ   [ありのままの自分と手をつなごう]         こんばんは~ いつも夜に活動しているまゆこです。   *この記事は2015年4月25日のものです。 2016年現在は、朝方に切り替わっていまーす(笑)   過去記事をお楽しみください。       昼でも夜でも ついつい元気よく「こんばんは~!」と あいさつをしてしまうまゆこです。   本日も占星術のセッションをさせていただいたのですが   真昼間にスカイプで 「こんばんは~!」と元気よく挨拶していました(笑)   今日のブログは 「セッショニストとしてありのままに生きる」 というタイトルにしました。     占星術をきっかけに まゆこセッションで一緒に対話をしてくださり ありがとうございます!     お申込みの方に頂いた セッションの時間をきっかけにして   わたしは自分を知ってもらうということも含め 自分の想いをそのまま表現させてもらう という経験値を どんどんアップさせてもらってます。       今日はふっと   ・突拍子のないことを言う自分 ・言葉づかいが悪くてお行儀の悪い自分 ・マニアックでめっちゃ奥まで分析しちゃって考えすぎる自分 ・おしゃべりすると倍速で話して止まらなくなる自分       どんな自分が出てきても   あ~~そうか~   今回はこんな自分か! 今回はせこい自分出たのか! 今回はずいぶんおせっかいさんなんだね。 今回はすっげーバランス感覚のいいセッションだね!     なーーーんて思いながら 自分をいじめすぎないレッスンをしています。     前ほどいい悪いの判断を過剰にせずに   そのままの自分を そっか~と感じることができる頻度が増えてきました。     わたしはここ2~3年無料モニターも含めて セッショニストという生き方を選んで挑戦してきました。     占星術やタロットを使って ネットのスカイプを利用して 多くの方とお話をさせていただいたのですが     はじめのころは 「セッションをする人というのはこうあるべきだ!」 という思いがとっても強くて・・・     その「こうあるべき」という制限・思い込みに 自分が全く近づけないことを感じて とっても苦しんでいたような気がします。   理想と現実のギャップ       特に2011年ごろは まゆこの中にあるセッショニスト像にこんなものがありました。   「傾聴ができなくてはいけない」 「自分のことを話してはいけない」 「相手を不幸にしてはいけない」   *幸せ・不幸せの基準って人それぞれなのにね 相手の人にしかわからないことなのにね。     水星が風の元素のわたし。   走ったら止まらない 水星が双子座のすべり満載なまゆこが   誰かとの対話で傾聴を試みるというのは ある意味では 拷問に近い?(笑)なんて思うこともありました。   *まだ修行が足りていなかっただけですが。       占星術を知ってからは 傾聴ができない私については   罪悪感などよりも むしろ笑い話になってきました。         占星術を知る前に タロットやイメージ療法を使ってセッションさせても経っていた時は 傾聴ができない自分を毎回責めていました。       セッショニストは 「〇〇してはいけない」 セッショニストは 「〇〇であるべき」     そんなことを今以上に いーーーっぱいいーーーっぱい 感じていたような気がします。     今でもふっと出来事を俯瞰したり 自分との距離を置いて物事の視点を新しくするときに   「こうあるべき」の観念を 必死に抱えている自分がたくさん出てきます。     未だに対処不能なくらいに 自分を制限するものが ごっそり出てくることがあるんですけどね(笑)     つい最近も 両手で抱えきれないほどの観念が まゆこの周りにまとわりついていましてね。   目には見えない(観念たち)   でも自分の周りにひっついていて 今はもうまゆこから卒業しようとしてくれている観念たちを見て   ぎゃーーん・・・ こんなにいっぱいある~!と大暴れしていました。     もう必要がなくなったもの。   自分を過剰に守る必要がなく 既に自分が喜ばない観念はさよならしていってくれます。   そんな観念たちは まゆこはもう成長したのでさよならするね~!と   自分の中からデトックスされて えいやっと出てこうとしているのに   それをまたギュッと握りしめちゃって 手放すのが難しい時期もいっぱい経験しました。     しばらく一緒にいた観念さんたちに 別れを告げられる時って   さらっと行く場合と そうでない場合がありあす。     別れの際に 剥がれおちる時の痛みがあって   その痛みを避けて 過去の制限を握ってしまっていたのです。     ここ最近は 引きこもりという長い訓練(経験)の結果   手放さないと 本気でやばい(笑)と思えるようになってきました。     ちょっとずつですが 思考の断捨離を実行に移せています。   そんなここ数年の引きこもり生活で得た経験から   この観念ってのは 年齢とともに適度な感じになっていくもんだな~って思いました。     人間は、いつまでも 同じ制限・価値観を持っているわけではないということ。     そうですよね。   時代と共に 国の法律も変わるように   自分自身のルールだって 年齢と共に変わっていくはず。         10代よりも20代になったとき   あ~10代の自分って 視野が狭かったな~って思ったし   同時に10代よりも今(20代)が より柔軟になったな~♪とも感じれています。     今は太陽の年齢域を生きているまゆこなのですが   あまり経験したことのない「土」のエネルギーを 現在の太陽の年齢域で感じているにもかかわらず   それでも視野は広がったし     20代よりもさらに30代の今は とってもとっても 柔軟に考えられるようになったな~って思います。     タイトルで 「セッショニストとしてありのままに生きる」 と書いたのですが   セッショニストであっても クライアントであっても お友達関係であっても 一期一会関係であっても   その場面や役割によって   時にはさまざまに 自分を変化させる瞬間は出てくるのでしょうけれど       もっともっと本質の部分では   どんな自分であっても 今、そのままの自分が 「ありのまま」なんだから   全部OKなんだよね。           そのまんまの自分が 今、タイミングで必要な人に出会っているんだ。   一瞬、何かが足りなかったように思っても 一瞬、力不足ではなかっただろうかと感じても   実際は何も過不足なく 今、この瞬間も、その次の瞬間もずっと   そのままで お互いが何かを授受しあっている。     それだけでOKさ。     そんなことを 今日は静かになったときに自分自身に伝えていました。         2015年4月25日の日記      

今日更新した記事はこちら

発達年齢域発達年齢域について       月の年齢域月の年齢域(0~7歳)                                         

関連記事

  1. star
2020年2月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

読者様のコメント♡