発達年齢域について

04.242015

 

 

 

 

 

 

発達年齢域について

 

占星術の考え方である『発達年齢域』について

占星術家の竹内俊二さんからお話していただきました!

 

下記の説明は竹内俊二さんが書いてくださいました。

音声を聴きながら文字でも確認してみてくださいね☆

(*^_^*)

 

 

 

年齢域(発達年齢域)とは?

竹内俊二
ここからは

僕が解説いたします。

 

 

出生図にある10天体それぞれが発達する年齢のこと。
おのおのの天体には、その発達期がある。

 

例えば思春期は金星の発達期(16-25歳)であり
その期間中は10天体の中でも特に
金星が示すテーマ(情感、感受性、美意識、社交性など)が体験される。

 

 

月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星と

次々順番に訪れる「発達年齢域」は
人間の成長の予定表のようなものを作り出している。

 

天体の年齢域に注目することで
出生図だけから約10年単位の大局的な人生の流れを読み取ることができる。

 

 

 

月の年齢域… 0~7歳

月の年齢域

物心つく前の幼少期に、親など身近な人から印象を受け取る。
そして感情の快・不快や、生活に必要な基本的行動パターンなどの人格の基礎が形成される時期。

 

月の象徴… 幼児/母親/妻/女性一般/感情/習慣/個人生活のテリトリー/個人的な欲望
成長/繁殖/イメージ力/日用品/航海/看護/醸造/受動性

 

*松村潔先生による月の年齢域・音声講座

 

 

 

 

水星の年齢域… 8~15歳

水星の年齢域

子供が親の庇護から離れて小学校や中学校で学校生活を過ごす。
兄弟姉妹や同級生との雑多な関わりの中で、
神経作用や知性、適応力、機敏さ、知恵を発達させる時期。

 

水星の象徴… 知性/コミュニケーション能力/認知力/機敏な反応性/移動/言語能力
兄弟姉妹/事務処理能力/会話/簿記/手紙や郵便/商業的手腕

 

 

*松村潔先生による水星の年齢域・音声講座

 

 

金星の年齢域… 16~25歳

情感が豊かになり、芸術に感動したり恋愛に熱中したりして、
その人の楽しみ方や感受性のスタイル、情操的な鋳型が形作られる時期。

 

金星の象徴… 芸術/文化/金銭/倫理/所有物/美/パートナーシップ
魅力/甘い食べ物/調和のセンス/音楽

 

松村潔先生による金星の年齢域・音声講座

 

 

太陽の年齢域… 26~35歳

 

人生観が受動性から能動性に切り替わってゆく時期。
太陽の働きの極意は、何かを得ようとするときに自分の中で意欲的に意志することで、
結果的に外界からのチャンスさえもが引き寄せられてくるという現実を認識すること。

 

太陽の象徴… 公的/男性的な要素/父親/夫/男性一般/健康/生命/権威/地位
輝かしいもの/隠しごとのない状況/品位/活力

 

*松村潔先生による太陽の年齢域・音声講座

 

 

 

火星の年齢域… 36~45歳

 

対外的な主張をする時期。社会の中で自分の目的をいかに生かせるか、

それをどう他者にアピールしたり働きかけたりするかがテーマ。

 

火星の象徴… 力/性的なエネルギー/攻撃心/権力/闘争的な力/競争力/外科手術
戦争/武器/刃物/事故/燃焼/ケガ/暴力/鉄/切断

 

*松村潔先生による火星の年齢域・音声講座

 

 

 

 

 

 

 

<この記事の参考文献>

松村潔著『完全マスター西洋占星術』

完全マスター西洋占星術 (The series of perfect master)

 

 

 

完全マスター西洋占星術

著者ご本人のインタビュー記事はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

読者様のコメント♡