第2弾ホロスコープで見る恋愛・結婚

04.192015

 

 

 

 

 

まゆこラジオ音声
恋愛・結婚とホロスコープの関係について文字起こしを記事にしています。

前回までの文字起こし <ホロスコープで見る恋愛・結婚 第1弾>こちらです。

 

 

 

この記事は第2弾です!

それではお聞き(ごらん)ください。

 

 

***********************************

 

うしこ

ここからはエリートリスナー

うしこさんの文字起こしでお届けします!

 

***********************************

 

竹内俊二
で、男性だと

逆に金星のサインとかハウスを見ていくと

どんな方に惹かれるか。(わかってきます)

 

竹内俊二

その人の中にある女性像のパターンとか原型のようなものが

金星を通して表れてきます。

 

まゆこ
だそうですよ~。

 

 

竹内俊二
ホロスコープを見ると

男性の中にも女性が住んでいるし

女性の中にも男性が住んでいる。

 

竹内俊二
出会うきっかけとなる男性は女性の場合は火星

男性の場合は(出会うきっかけとなる女性は)金星で見る。

 

竹内俊二
まゆこさんの場合は

牡牛座に火星がある。

 

まゆこ
はい。

 

 

竹内俊二
なので

牡牛座の要素をもった男性っていうのに惹かれる

 

まゆこ
惹かれる。

牡牛座の人っていうわけではないんですよね。

 

竹内俊二
そうなんですよね。

 

 

まゆこ

それじゃあ私

牡牛座の人しか狙えないような感じになっちゃいますけど。

そういうことではなくて。

 

竹内俊二
そう。

牡牛座的な要素っていうか。

 

まゆこ
牡牛座的な要素が割合に多い人。

 

竹内俊二
牡牛座はどんなサインかということを見ていくと

「土」のサインということで

五感の働きとか豊かな感性を持っている、芸術性のある(人)。

 

まゆこ
いいねー!

好き好き!

 

竹内俊二
あとはまぁ、お金を稼ぐ

現実的に地に足のついた男性とか。

 

まゆこ
ああ、そうね。

 

竹内俊二
あとはその

自分自身の価値観をもっていて

職人気質な頑固な、そういう・・・・

 

まゆこ
頑固なアーティストタイプとか好きね!

頑固なアーティスト?

職人だね。

 

竹内俊二
まぁ、そんな感じ。

 

竹内俊二
そういう男性が

まゆこさんの出会うきっかけとなる男性像。

 

まゆこ
あ、だって

わたしの中の男性像、男性性を

(自分の中のイメージとして)「棟梁」って呼んでますもん。

 

竹内俊二
棟梁(笑)

 

 

まゆこ
なんかこう

「家を建てるのは俺のこだわり凄えぜ!」みたいな、とか。

大工さんみたいなイメージ。

 

竹内俊二
うん。

 

まゆこ
「俺が造った家は凄えぜ!」

みたいな感じの男性像が自分の中に居ますもん。

 

まゆこ
たまたまそういうのがムクムクと

時々、出てくる。

 

まゆこ

そういう男性を求めているときに

そういう言葉を発するのかもしれないけど。

 

竹内俊二
うん。

 

竹内俊二
あとはその

アーティストのというか

自分の技を持っている人に惹かれるんじゃないかな。

 

まゆこ
あ、いいね!

惹かれるね!

 

まゆこ
なんかもう

この分野なら任せてみたいな。

で、それがちょっと

芸術センス抜群だともう・・・・・

 

竹内俊二
センスのいい人

っていうのに惹かれる。

 

まゆこ
いいね~。

なんか牡牛座的ですね。

センスで惹かれますね。

 

竹内俊二
うん。

 

まゆこ
そうそう。

 

竹内俊二
まゆこさんの場合は

出会うきっかけとなる火星っていうのと

あとは結婚後の男性っていう太陽が同じサインにあるので

 

竹内俊二
結婚した後も

「こんなはずじゃなかった」っていうギャップ感が

そんなにないという。

そんな話も出ていましたね。

 

まゆこ
出てましたね~。

 

竹内俊二
なんか

おさらいみたいな感じだけど。

 

 

この対談の元になっている松村潔先生との対談音声はこちらです。

(YouTubeにリンクしています)

 

 

 

 

つづきの文字起こしは第3弾(別記事)で公開されています!

 

(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

うしこ

この記事はエリートリスナー

うしこさんの文字起こし協力で制作しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー