星を追いかけるだけでは時間に支配される

10.262016

Butterflies       応用的な占星術のお話! 結構マニアックに学習したい人向け~♪     星よみをしすぎない星よみ     追いかける占星術と 創造ツールの占星術は使う筋肉が別です。     エネルギーの扱い方に 少しだけ違いがあるという感じかな?     ↑この感覚を 宇宙さんがまゆこにどしどし送ってくるw             多くの占星術提供者は 日々の星読みというものを 日課にしている方も多いと思います。     これはお勉強のためにとっても大事!     占星術の 知識的な感覚を掴むお勉強。       日々の星読み   この習慣によって   星のメッセージを時間の流れと共に じっくり体得していくことができる。       わたしも占星術を学んだ2011年頃 2012年頃は半年~1年くらい星を追いかけていました。   わたしの場合は 先に星読みをするスタイルが苦手なので   自分の体の感覚で経験したものを 自分の脳内で占星術の記号などに置き換えたりしながら   あとから実際のホロスコープに照らして そういう配置にできるのかぁと学びに変えていました。     自分の感覚が先 という学び方をしていました。       日々の星の動きと 自分の経験を照らすことで   占星術の感覚を 体験的に自分のものにしていくことができます。     この段階を進めて行き ある程度、星読みの経験を積んだら   2つの占星術次元を行き来しながら   占星術を自分の人生創造に 自由に使っていくことができるようになります。     星を受動的に ただ追いかけているだけの存在から   一歩、進んだツールを扱う人として 自分のスタイルを変えていくことができます。     入れ物の中の蝶々さんではなく 入れものの中と外を行き来できる蝶々さん。     星よみをしすぎない星よみ   そんな体験もありますよ~♪       そんな紹介でした!!                                       2014年のまゆこラジオ開始した頃の音声 ちょうど勉強していたころのお話を語っていました。                                             

関連記事

コメント

    • 太陽星座うお座、月牡牛座
    • 2017.05.21
    私も~←おい まず、自分の体験ありきです(笑) 「自分で考えろ」って言われたことへの恨み節が ふつふつとわいてくるのですが。 なんで伝わらなかったのかな~、何で私 自分で考えてるってこと、相手に伝わらなかったのかな、 相手が自分で考えてないからかな? ・・・置いといて。 六命推柱学の本があったので、それも 自分や他人、見えるとこから探してくのが 楽しかったです。 ホロスコープもそこからたどろうとしていますが、 かなり複雑で、ちゃんとわかるようになるのだろうか~、 みたいな感じです。 まるで、シンセサイザーを勉強しているような感じ。 シンセサイザーって楽器、見た目はピアノ系の鍵盤楽器なのですが 音を混ぜる電子の機械なので、いろんなことが出来るんです♪ だけど、それを取り扱うのには、ただ調節できるだけじゃダメで ある程度の音の理屈も知ってる方がよくて、操作方法や 耳も良い方がよくて・・・と。 さらに、曲に対してのイメージ化やセンスも問われるという なかなか奥深い楽器だと やってみて思います。 これからも頑張って行きたい楽器なのですが、 今行き詰まってるとこ。 いつ動きだせる(習うなど含めて)のかなぁと、今待機状態なのです(^▽^;)
  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年2月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

読者様のコメント♡