講座1ヶ月目はLOVE SONG♪を探す旅!

09.222016

female heart shape

 

妄想のワークが

実際に現実に投影される

 

あなたが思い描いて創造した愛の器に

地球の経験が届きしっかり受け取る

 

その経験の実体験をしたお話を

この記事に書いています。

 

奇跡のような経験だけど

宇宙のシステム、魂の学びのシステムでは

実はとってもシンプルなこと。

 

シンプルな奇跡を体験するお話。

 

 

 

 

うちのダーリン(男性性)が

まゆこの女性性を一途に思って歌ってくれている曲は

 

先日こちらで紹介しました。

 

 

女性性のほうも

ダーリンを想って歌っている曲があります。

 

魂の応援歌はいくつかあるのですが

その中の1つをこの記事で紹介しようかな~♪

 

 

 

 

私自身の出生図にいる仲間たち

月や水星や金星やみーんなが

 

まゆこのこといつも

おかえり~って迎えてくれる。

 

現実世界の経験でいろいろあって

泣いて帰ってきても。

 

おや?どうした~?って

声をかけて聴いてくれる。

(ホロスコープという世界でね)

 

 

 

言ってしまえばただの記号ね、彼ら。

 

うんうん。

 

 

金星
そうね、記号っていってしまえば

それはそれで真実

 

 

でもね、仲良くなるとね

ただの記号がわたしの支えになる。

 

泣いても笑っても、逃げても何をしてても

 

相変わらず

わたしと一緒に人生を歩んでくれている。

 

そんな存在は

あなたの外側に求めてもいいんだけど

 

あなたの内側にもいることを知っていたら

 

きっとどこかで

頼りになる存在だって感じられて

自信につながるような気がする。

 

まゆこは実際にそうしてきたことで

ここまでなんとか生きてくることができた。

 

大げさに感じる?

 

そうかもしれない。

 

ふわふわしてる?

 

そうね、

だってそこがわたしの原点だったから。

 

 

わたしは何度も

生きるか死ぬか悩んできた。

何度も何度も死を考えた。

 

ふわふわの世界の住人で(12ハウス)

小さいころから人間よりも非物質と会話してた。

 

人間の会話するほうが難しいもの。

(今までは、そう思っていた)

 

 

いろいろ言われたりもするし一喜一憂することもある。

 

 

それでもただの記号が

今のまゆこを支えてくれたんだなぁ。

 

不思議だね。

 

 

この講座の内容を

去年からずっと意識しながら生活してきて

 

最初は妄想だったよ。

最初は言葉だけだったよ。

 

 

でも、今年に入ってね、それがどんどん

現実の世界でしっかり結びついていることを

経験で受け取ることができたの。

 

ネットの世界じゃなくってね

普段の生活、地球の生活の中で。

(ネットも地球だけど・・・笑)

 

 

自分が創った愛の器に

欲しいものが、会いたい人が

ちゃーんとご縁で巡ってきてくれる経験をしたらね

 

もう妄想だなんて思えなくなった。

 

わたしが自分にワークで言ってあげてた言葉を

 

何も知らないはずのその人が

わたしにそのままメッセージとしてくれた時

 

あ~わたしの創造は

この地球でしっかり形になったのねって。

 

本当に心から嬉しかった。

 

それがたった1回じゃなく

今もずっと続いているの。不思議だね。

 

わたしが毎日

自分の中の女性性と男性性の指揮者になって

その奏でる音楽を調律していけば

 

それはいつだって

現実世界という舞台で奏でることができるんだって。

 

それを教えてくれた人に出会えたんだ。

 

わたしが自分の講座でやっていること

ワークのことなんて何にも知らない人だよ。

 

それなのに

ワークで自分に送り続けた言葉を

目の前でその人がキャッチしてくれる奇跡。

 

こんなにうれしいことってあるんだ!

そう感じた経験が続いてる。

 

同時にね

嬉しい言葉だけじゃないことも教えてくれる。

 

わたしがわたしを大切にしないときに放った言葉も

わたしにとって大切な人はしっかりキャッチして伝えてくれるの。

 

この奇跡ってね

奇跡なのにシステムはとってもシンプル。

 

わたしの内側が

そのまま見ている世界だよって

 

ただそれだけシンプルだった。

 

そのことを経験して

まゆこ占星術講座の開催に至っているんだけど

 

 

とっても嬉しかったから

わたしは自分の中の男性性に感謝をこめて

 

この曲を歌ってる。(下記動画で紹介)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

読者様のコメント♡